ファスティングダイエット

美ボディ & 身体の中からキレイを目指すなら

ファンタスティックダイエット

毎日1杯のプレミアム酵素で美ボディへ導きます
痩せたい キレイになりたい 口癖のあなた
もしも今、理想の体型になれたら・・・・
あなたの人生変われると思いませんか?
なぜなら、酵素原液だから
高級素材 厳選された美容成分
合成保存料・合成着色料・
人工甘味料・防腐剤等一切不使用だから
安心・安全にファスティングいただけます

ファスティングダイエット

ファスティングとは?

ファスティングとは?

断食のこと。
1食置き換えのプチ断食から、1~3日の置き換えの断食まで目的に合ったファスティングをお試しくださいね。

女は見た目で試される

代謝が落ちている大人の女性が本気で美ボディを目指すならプレミアム酵素しかありません!

ファスティングの目的・準備

ファスティングの目的・準備

「デトックス」「プチ断食」とも言われる現代のファスティングは、必要な栄養素を摂りながらも、以下の点に着目して体の不調を取り除こうとする、スタイリッシュで先進的かつ、体本来の機能をしっかりと活用した合理的な健康法の一つです。

◆ エネルギーを消耗する「消化」を一時、休止させる
◆ 体内外の「酵素」の力を活用する
◆ 「代謝」が行われやすい体を作る
◆ 消化を休止させることにより「排泄」を促す
◆ 「食生活」を見直す(食べ物をいつ、どのような組み合わせで食べればいいのかを学ぶ)

これらがファスティングを行う目的です。

事前準備

ファスティング前には心身の調子を整えておくことが大切です。

把握しておくべき注意点

●ファスティングをしても良い方高校生~現役世代の16~60歳ぐらいまでの健康な人
●ファスティングをしてはいけない方何らかの既住症を持つ場合には必ず医師と相談してください。ファスティングをする際には医師の指導が必要だと思われる方

摂取してはいけないもの

●コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインを含むもの
●清涼飲料水やゼリー、飴やガムなど、砂糖や油を含むもの
●乳製品や豆乳 アルコール・タバコ

ファスティング前の食事

基本的に野菜中心の食事にし、なるべくオーガニックの上質な食材を選ぶと良いでしょう。また、1日1.5ℓ以上の水を摂取するよう心がけます。

行ってはいけないこと

●激しい運動・徹夜での仕事や夜更し
●普段行わないようなイレギュラーな事これらは、ファスティング中の体に大きな負担となります。

半日ファスティング(1食置き換え)

半日ファスティング(1食置き換え)

前夜は、午後8時くらいまでに軽めの食事を済ませておきます。肉や、油は、アルコール・たばこは控えめにしてください。朝食のみをプレミアム酵素25~50mlにし、前日の夜から当日の昼までの半日断食することになります。原液もしくは、お好きなドリンクで3~5倍に割ってお飲みください。

  • 朝食
  • 昼食
  • 夕食

半日ファスティングのメリット

この方法は生活に無理なく組み込みやすいので、ファスティングが初めての方にもオススメです。夕食は、アルコールを含め通常通りの食生活でもかまわないので、空腹によるストレスも軽減されます。ただし、1日で効果を感じるようなものではなく、最低でも1週間~3週間程度継続することにより、体重や体調に変化があらわれます。習慣にするつもりで取り組んでくださいね。

1日ファスティング(3食置き換え)

1日ファスティング(3食置き換え)

飲み会やパーティー後のリセットとして休日などに取り組むと良いでしょう。休日の前日夜を準備期として、肉類や油の多いものなどは控えるようにします。
朝食・昼食・夕食をプレミアム酵素25~50mlにし、1日断食することになります。日中は、空腹感を覚えることもありますが、その時はプレミアム酵素や、水・ハーブティーをゆっくりと飲んだり、深呼吸するなどしてリラックスして過ごしましょう。原液もしくは、お好きなドリンクで3~5倍に割ってお飲みください。

  • 朝食
  • 昼食
  • 夕食

1日ファスティングのメリット

半日ファスティングよりも高いデトックス効果が期待出来るので、飲み会やイベントが続く年末年始や週末リセットとしても活用できます。

1日ファスティングのメリット2

食事のポイント

復食がこのファスティングでは必要となります。ファスティングの翌日の朝食は、おかゆや重湯のような、胃に負担をかけないものを頂くようにしてください。スムージーも復食として適しています。昼食は、具のあるスープや味噌汁などをゆっくりよく噛んでいただきましょう。フレッシュな生の果物でもよいですこの時、量を食べ過ぎないようにします。
夜からは、通常通りの食事でもかまいませんが、できる限り動物性タンパク質や、油ぽいものは避けるようにしましょう。野菜中心でよく噛んで、量を少なめにいただけたらベストです。

3日ファスティング(3食置き換え × 3日)

3日ファスティング(3食置き換え × 3日)

ファスティング前夜

ファスティング前夜

午後8時くらいまでに軽めの食事を済ませておきます。肉類や油の多いもの・タバコ・アルコールも控えます。ファスティング明けの復食の食材を揃えておくファスティング中は買い物は極力控えましょう。ゆったりと、早めに就寝してくださいね。

ファスティング1日目のポイント

プレミアム酵素を飲んでいても、途中で水分を補給するのをわすれないようにします。ハーブティーなどのカフェインレスの飲み物や、新鮮な水を飲むようにしてください。1日2ℓが目安です。普段の食事をしっかりしている方こそ、初日は空腹感や口寂しさを感じる方が多くいらっしゃいます。特に午後は食べ物が恋しくなるかもしれませんが、3日間で最も辛いのが、1日目です。2日目以降はあまり感じなくなってきますので、焦らず、ゆっくりと過ごしましょう。

ファスティング2日目の体の変化

ファスティング2日目の体の変化

変化を感じやすい方は2日目の目覚めの良さや体の軽さを感じられることでしょう。また排泄の質も変化し、排尿の量や出方が今までとは比較にならないくらいしっかりと排泄されるようになります。空腹感を心地よく感じたり、頭がはっきりしている感覚があったり、そのような心地よい変化を楽しみましょう。今あなたが行っているファスティングは苦行ではありません。

ファスティングを行うことで素敵な変化をもたらすことが目的ですので、柔軟な心を持つ事もとても大切です。もし空腹感が強く、「何か食べないとファスティングを中止してしまいそう!」という気持ちが強くなっている場合は、生のキュウリを1本よく噛んで食べるか、1/2のアボカドをペースト状にし、レモン汁をかけたものを口にしてみましょう。食べ物に執着していた気持ちが切り替わってくるでしょう。また、そのような時は気分転換にウォーキングに出かけるのもお勧めです。ヨガやストレッチなどの軽いエクササイズや、ゆったりとしたスイミングでもよいでしょう。マラソンのようなハードな運動は避けるようにします。アロマやリンパマッサージを受けに行き癒されるのもお勧めです。2日目を乗り越えると、多くの人が体の変化に気づき始めます。心も体も軽くなるその快適さをぜひ感じてください。

ファスティング3日目

ファスティング3日目

最終日です。プレミム酵素を1.2日目同様に飲みます。2~3時間おきもしくは、空腹を感じたときに飲むようにします。ゆったりと過ごし、夜は早めに就寝しましょう。

ファスティング3日目のポイント

好転反応が続くこともありますが、細胞が活発に働いている証拠です。無理のないようにして、過ごしましょう。3日目になると、食に対する執着が少なくなり、空腹感がむしろ爽快に感じられるようになる方が多くいらっしゃいます。
いつもよりも体が軽く感じられ、薄くなった体やへこんできたお腹を実感することができます。体の中からは毒素がどんどん排出されています。食事をしていませんので、消化に使っていたエネルギーは代謝やデトックスに使われています。細胞が元気になり、本来の機能を取り戻しつつあります肌艶もよくなり、肌色が白くなったと感じられる方も多くいらっしゃいます。

今日で3dayファスティングは終了です

ここまでやり遂げた自分をほめてあげましょう。頭がすっきりして集中力が高まっていると感じませんか? 疲れやすさがなくなり、体のだるさもなくなっているのではないでしょうか? そして何より、このファスティングを通して、普段の食べすぎている自分に気づいたのではないでしょうか。
この心地よい感覚を、ぜひ楽しんでください。

ファスティングを成功させるためのコツ

ファスティングを成功させるためのコツ

ファスティング中は、ストイックになりすぎても精神的に負荷が大きくなり過ぎ、成功が遠のいてしまいます。
ファスティングを成功させるためのコツとして空腹を紛らわせるための方法もご紹介します。

水をゆっくり飲む

水をゆっくり飲む

どうしても口寂しい時には、水をゆっくりと飲むようにします。「なんだ、水か」と残念に思われるかもしれませんが、これは意外に効果があります。
コップに2杯くらいの水をゆっくりと時間をかけながら飲んでいるうちに、空腹感が紛れてきます。

ショウガ湯

ショウガ湯

ファスティングでは、体を温めることも大切なのでショウガ湯などをおすすめです。ぽかぽかとしてきますし、ショウガのパワーが代謝を促進してくれます。甘さが欲しい時には、メープルシロップなど体に優しい甘味料を使いましょう。市販のでんぷん質などが入った生姜湯ではなく、生のショウガをすりおろしたり薄切りしたりするか、ジンジャーパウダーを使って手作りします。

きゅうり・アボガド

キュウリ・アボガド

空腹感が強く、何か食べないとファスティングを中止してしまいそう! という気持ちが強くなっている場合は、生のキュウリを1本よく噛んで食べるか、1/2のアボカドをペースト状にしレモン汁をかけたものを口にしてみましょう。
食べ物に執着していた気持ちが切り替わってくるでしょう。

空腹感をまぎらわせるための呼吸法

空腹感をまぎらわせるための呼吸法

1

静かな場所で行います。テレビなどの音声は切ってください。5分程度行いますが、集中するために、タイマーなどの利用もお勧めです。
楽な姿勢で椅子に座ります。足の裏は、全体を床につけてください。背筋は伸ばし、手は膝の上へ。リラックスしましょう。

空腹感をまぎらわせるための呼吸法01

2

目を閉じて腹式呼吸を行います。8つ数えながらゆっくりと息を吸い込みます。そのあと、8つ数えながらゆっくりと息を吐き出します。この長さが無理なときには、できる範囲で構いません。同じペースで息を吸い込み、吐き出してください。慣れてきたら、徐々に8つになるようにしていきます。

空腹感をまぎらわせるための呼吸法02

3

腹式呼吸に慣れてきたら、呼吸に意識を集中します。
軽いエクササイズやマッサージ・ウォーキング・ヨガ・ストレッチ・アロマ・リンパマッサージなどもよいでしょう。

好反転とは?

好反転とは?

ファスティングを行う上で、とても大切なのがこの「好転反応」です。大掃除を始めると、今まで隠れていたもの、タンスや引き出しの奥にしまっていたものが大量に見えるところに出てきて、掃除を始める前より一時的に散らかって見えたり、大変な状態になることがよくあります。

好転反応はそれとよく似ています。ファスティングを行うことで、体内に溜まっていた老廃物などが排泄され、デトックスが体内で起こり始めます。今まで細胞の奥にしまっていたものが表面に出てくることで様々な反応が出る場合があり、この反応を好転反応と呼びます。好転反応による症状は人により様々です。

好反転による症状

  • 咳、たん、鼻水
  • 下痢、軟便
  • 便秘
  • 吐き気
  • 体がだるくなる
  • 眠気におそわれる
  • 頭痛
  • 湿疹や吹き出もの
  • 体臭の変化
  • 発熱
  • 口臭(「舌苔」が生じます)
  • 手足が冷える …etc.

普段カフェインの摂取量が多い方は頭痛が出やすかったり、肌荒れを起こしにくい方でもポツンと吹き出物ができたりと、人により症状の出方は様々です。舌苔(ぜったい)とは、舌の表面が白っぽくなる現状です。好転反応の1つとして現れる症状ですが、口臭の原因となりますので、舌苔の対策として、歯磨きの際には舌にもブラシをかけるようにするとよいでしょう。

ファスティングをスタートしてから症状が現れるまでの期間や、症状の程度、症状が続く期間なども様々でこれはそれまでの生活で蓄積してきた有害物質や毒素の量により異なりますし、好転反応がでにくい方もいますが、一般的にこれまでの生活で有害物質を体内に多く蓄積している人ほどこの好転反応での症状は重くなる傾向にあります。

復食(復食期)

復食(復食期)

ファスティングを終えた直後に摂取する食事は、ファスティング中と同じくらい大切です。食を断つファスティング中よりも大切だとも言われます。ファスティングが終わってから、最初にとる食事以降を「復食期」と 呼びます。これは元の食事に戻すまでの期間です。ファスティングにより消化器官が空っぽになっている状態ですから固形のもの、カロリーの高いもの、油分の多いものを食べれば。内臓に大きな負担となります。この時期の食事を誤るとリバウンドの原因にもなり、せっかく行ったファスティングの効果も半減してしまいますので、最後まで丁寧に過ごしましょう。

3日間の復食のスタートです。

この心地よさとデトックスを継続させるためにも、この期間はとても重要となります。
復食には幾つかバリエー ションがありますので、自分が心地よいと思うものを選びましょう。プレミアム酵素入りのスムージーなど、ローフードと言われる非加熱食中心のメニューにすると、デトックスが長続きします。

複食とは? スムージー

ファスティング期間と同じ日数を復食期間とする

ファスティングと同じ期間を復食期間とし、ゆっくり通常の食事に戻していきます。
ファスティングより消化器官は休んでいたため、急激に消化に負担がかかる物には対応できません。ゆっくりゆっくり、少量ずつならしていくようにしましょう。

消化に負担をかけない質素な食事を少量摂取する

消化に負担をかけない優しい食事をとりましょう。ファスティング空けに初めて食べる食事は、本当に美味しく感じるものです。おかゆなどは、人生で1番おいしいおかゆだった、と感じる方も多いのです。おかゆやスープなどの味つけは、ごく少量の天然塩を振る程度にしておきます。過度な調味料は胃の負担になるためです。また、満腹まで食べないことも重要です。ファスティング明けすぐは腹八分目でも多いくらいですので、物足りない程度にとどめておきます。

よく噛んで食べる

固形物が噛み砕かれないまま胃にはいることは大変に負担となりますので、しっかりすりつぶしてドロドロになるまで噛むようにしましょう。噛んだ刺激が脳に伝わり様々な信号やホルモンが体中に伝達されるため、おかゆのようなもともと柔らいものでも噛むことはとても大切です。胃にも信号が伝わり、入ってくる食べ物に備えての準備がはじまります。噛むことには、様々メリットがあります。満腹中枢を刺激するホルモンが分泌されるというのは有名ですがそれ以外にもファスティングでゆるんだ細胞を引き締めていく効果もあると言われています。

復食メニュー

復食メニュー

ポイントは消化に負担をかけないものを少量いただくことです。
どれも量は普段の半分以下だと思ってください。

復食1日目

●朝・・・ 重湯
●昼・・・ おかゆと具無しみそ汁orスープ
●夜・・・ おかゆと具無しみそ汁orスープ

復食の1番始めには重湯が最も適しています。昼食と夕食のおかゆに塩分が欲しい場合には、梅干しを食べるとよいでしょう。できるだけ塩と赤じそだけでつけ込んだ、無添加の本物の梅干しを選ぶようにしてください。またみそ汁はできるだけ薄味にします。味覚が敏感になっているため、それでも十分に満足できます。固形物を消化できるほど回復していませんので、具は無しにします。

復食2日目

●朝・・・ おかゆと具ありのみそ汁or野菜スープ
●昼・・・ おかゆと具ありのみそ汁or野菜スープと温野菜サラダ
●夜・・・ ごはんと具ありのみそ汁or野菜スープと納豆やひじきの煮物など

2日目からは固形物を少しずつ取り入れていきます。固形物といっても消化に良い、柔らかくした大根やかぶ、玉ねぎなどを選びましょう。よく噛むことが基本ですが、できるだけ具材も細かくしておくと良いでしょう。昼食からは固形物の量を少しずつ増やして行き、温野菜サラダなども取り入れていきます。蒸してもゆでてもよいですが、味付けは少量の塩か無添加のポン酢などで頂きます。決してマヨネーズやドレッシングを合わせてはいけません。夜からは少しずつ食事らしい物になって行きますご飯はお茶碗半分程度の量にしましょう。植物性たんぱく質の総菜も少しずつ取り入れていきます。ひじきなどの海草類は繊維質が多いため、よく噛むようにします。

復食2日目

復食3日目

●朝・・・ ごはんと具ありのみそ汁or野菜スープ、野菜の副菜1品
●昼・・・ ごはんと具ありのみそ汁or野菜スープと野菜サラダ、うどんやそばなど麺類でも可
●夜・・・ ごはんと具ありのみそ汁or野菜スープと野菜や植物性タンパク質副菜2品程度

朝食は少しペースを落として量を少なめにします。昼食からは消化に優しい温かい麺類などをとりいれても良いでしょう。ただし、かき揚げや油揚げなど の負担が多い物は避けます。麺類だからといってつるつると食べてしまわず、これもよく噛むようにしましょう。油分が多いためラーメンはNGです。復食最後の夕食は、動物性たんぱく質や油分が多いものを除いたメニューにすれば基本的に大丈夫です。ただ決して食べすぎないようにしましょう。副菜は煮物やがんもどき程度なら大丈夫でしょう。ただし、自分の体と相談し食べていて体が重くならない物を選びます。メニューは一例ですので、基本を押さえればアレンジも可能です。またここでは加熱食を中心にしましたが、非加熱菜食のローフードを取り入れている方は復食でスムージーやロースープを用いるのもよいでしょう。その際はバナナやアボカドなどの比較的消化に負担がかかりやすい食材は2日目の夜以降から使い始めるようにします。

復食3日目

ファスティングと復食期を終えて

ファスティングと復食期を終えて

4日目からは通常の食事に戻しても大丈夫ですが、ファスティング前の食事とは異なる選択をするようになる方が多くなります。感覚が研ぎすまされ味覚が変化しているため、今までの味付けが濃く感じたり化学調味料の味に違和感を覚える方が多いからです。また、カロリーが高く消化に負担がかかりそうな食事やジャンクフードを体が求めなくなる方も多くいらっしゃいます。そのような変化を楽しみながら、食事の質を変えていきましょう。しばらくは肉類や魚、油、香辛料などの刺激の強いものは、できるだけ控えるようにするのもお勧めです。
その他、ファスティング後は食事量も変化し、これまでよりもずっと少ない量で満腹感を得られるようになっています。少量を味わってゆっくりとよく噛んで食べると、満腹感を得られるだけではなく、消化器官への負担も減らすことができます。味覚も鋭敏になっていますので、素材本来の味を楽しむことができるでしょう。塩分を控えても、十分においしく感じられるはずです。復食期もファスティングと同じくらい、丁寧に過ごしてください。復食期を終えるまでがファスティングのプログラムです。そしてこのリセット効果をできるだけ継続させられるように、取り戻した感覚を大切にしていきましょう。

お問い合わせ
Scroll Up